CORESERVERで.htaccessを使わずPHPのオプション設定を行う方法

joomlaなどCMSによってはPHPオプションの指定が必要になる時がありますが、
PHPのオプション設定を.htaccessに追記しなさいとか言われたりします。

こんな感じとか。

ただCORESERVERの場合は.htaccessでのPHPのオプション設定が許可されておらず
記述するとInternal Server Errorとなります。
サーバーのコントロールパネルではPHPのバージョンを変更出来るだけで、
php.iniの変更、つまりPHPの設定変更は行なえません。

で、どうするかというと

.user.ini

というファイルを作成(テキストエディタ等で)してFTPでアップロードします。
(.htaccessが.user.iniに置き換わるわけではなく別ファイルとして設置)

これは.htaccessの代用ではなく、php.iniのユーザー個別ファイルのようなものなので、
.user.iniに記述する場合は.htaccessとは違って
php.ini(PHPの設定ファイル)と同じ記述方法になります。

上の.htaccessの内容を記述するならこんな感じ。意味は全く同じです。
他の項目もPHPの設定する内容であれば.user.iniに記述することで設定変更が可能です。

注意点としては.htaccessの内容を全て.user.iniに記述するわけではなく、
PHPに関する設定のみを.user.iniに記述、その他のmod_rewriteやキャッシュの有効期限などは
.htaccessに記述するといったところです。

他のレンタルサーバでも.htaccess内でPHPのオプション指定出来ない場合があるので、
php.iniが編集出来るサーバであればそちらで指定してみてください。