モバイルバッテリーはこれ1つあれば十分!Anker PowerCore 13000

外出するときに困ることが多いスマホの充電ですが、
1〜2日くらいの旅行や出張ならコンセントがなくても十分なモバイルバッテリーです。

Anker PowerCore 13000

Anker社製のPowerCore 13000

13,000mAhと大容量なので(iPhone7で1,960mAh)2泊3日程度の外出でもコンセントなしでも良いくらい。
打ち合わせや出かける際には、これ1台とiPhone7、iPad Air2を必ず持って行くけど充電で困ったことがないです。

2Aが必要なiPadはもちろん対応していて、Macbookなら4~5時間で満充電可能です。
Androidなスマホはもちろん、iQOSなんかも充電可能ですね。

重さは286gでiPhone7を2台分くらい。

Anker PowerCore 13000

一番右はPowerCore13000を充電するためのMicroUSB端子。
USBポートが2つあるので2台同時に充電することも可能です。
PowerIQ対応なので急速充電も出来ます。

Anker PowerCore 13000

サイズはiPhone7と比べるとこんな感じ。
充電中は青いLEDが点灯、このLEDはバッテリー残量になっていて
充電が少なくなると光るLEDの数が減っていきます。

割とコンパクトなので持ち運びに邪魔だなって思ったことは特にないっすね。
カバンの中で充電するときにLightningケーブルが1mもあると邪魔になるので
専用で30cmのケーブルを1本持ち歩いてます。

欠点というわけではないですが、容量が大きいから当然なんだけど充電には時間がかかります。
まぁ夜寝る前に充電しておけば朝には充電完了してますけどね。

Pokémon GOが全盛時のときにはモバイルバッテリーが品薄になって価格も高騰してたけど、
もうすっかり落ち着いたので安くで(Amazonで3,000円前後)購入出来るようになりました。
この手の商品は電気量販店で買うよりAmazon等で買うほうが絶対良いっす。
(有名電気量販店で買うと半分くらいの容量で倍くらいの値段の商品がすごく多い)

 

充電用のアダプターは付属していなくて2Aは必要で、iPadやiQOSを持っている人はそのまま流用できるけど
同じAnker製のアダプターを持っていると自宅や職場での充電も便利です。

24W 4.8AでUSB2ポートから充電出来るので、スマホとタブレット同時に充電可能。
周辺機器が増えてくるとアダプターを1つでも減らすとすんごいスッキリ。

 

外出時にはもちろん、もしもの際(地震等で被災した時)にもモバイルバッテリーは絶対に役に立つので、
必須アイテムとして持っておきましょう!